新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症に関する情報は随時更新中!

詳しくはこちらへ

しぜんと、あ・そ・ぼ

雨あがりのすがすがしさや、鼻にくすぐる日なたの匂いや、ドキドキする風の音、といった、自然が見せる素敵な表情を、こどもたちに、たくさん識ってほしいと考えます。

それは、大人になっても忘れることのない、五感の育成です。だから、「しぜんと、あ・そ・ぼ」。それが、園のスローガンです。

園舎について

450坪(2棟)の建物には、仏様をおまつりし、礼拝をする遊戯室があります。保育室(10室)は12~30坪と基準以上の広さがあり、室内も伸び伸びと活動でき、冷暖房を完備しています。
その他、夏期保育に使用するプールは約20坪(水面44m2)あり、水遊びだけでなく、泳ぎの基礎をしっかり身につける事を目的としています。送迎バスは3台あり登降園だけでなく園外保育にも利用し、全園児がバスに乗る機会があります。

園庭について

約1200坪の敷地内には、桜や藤・もみじ・柿・栗・いちょう・松などの大木が50本余繁り、四季折々の草花に囲まれ、うさぎやあひる・にわとり・くじゃく・鳩・モルモットなど沢山の動物を飼育しています。
そして、活動的な遊びに必要な遊具をそろえ運動会もできる800坪の園庭です。また、花壇や野菜畑は、子供達がさつまいもやじゃがいも・きゅうり・トマト・だいこんなどの栽培に利用しています。

基本理念

仏教(浄土宗)のおしえを基に、幼稚園教育要領に即した保育を行い、生きる喜びを実感する経験をつみ、豊かな心を育てる保育をめざします。

教育目的

幼児期は人格形成に最も影響のある時です。豊かな環境の中でより多くの直接体験(見る・聞く・味わう・触れる・嗅ぐ)を通して、意欲・心情・態度の3つの幼児教育の目標を達成するよう努力しています。 1.意欲的に活動する 2.心豊かな表現をする 3.人とのかかわりを楽しむ。子供の生活や遊びを(1)子供が自由に選んで行う活動(2) 教師が意図的に経験させる活動の二つから教育内容と方法を考えています。(1)では自主性や自立性を育み、(2)ではこの時期に身につけてほしい技能や能力・習慣や態度などを育み、更に豊かな経験を広げたいと願っています。

お知らせ

前期マック及び体験マックのお知らせ

緊急事態宣言が延長となりましたが、来週13日以降のマック(下記日程のマック)は、人数制限、感染対策をしっかりと行いながら活動させて頂きます。ご参加され…

入園説明会補助資料

◆緊急事態宣言発出の為に入園説明会が延期となり多くの皆様にご迷惑をおかけいたします。園環境と園の教育方針など概要説明動画です。。 マックだより マック…

9月体験マックのご案内

来年度のご入園をご検討される時期になりました。自然幼稚園を知って頂く機会として「体験マック」を予定しておりますが緊急事態宣言によりホームページ内の園の…

お知らせ一覧

在園児へのお知らせ